スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩師の近況

恩師の近況です。

齋藤先生   同窓会出席しましす。

波多江先生  同窓会出席しましす。
       喜寿を過ぎ、間もなく78歳になります。
       佐賀県立佐賀城本丸歴史館で外国のお客さんに通訳案内を
       していましたが、現住所の唐津から往復3時間かかるため
       年齢を考え、退きました。昨年県退職校長会のグランド
       ゴルフ大会で準優勝メダルを頂きました。

平井先生   同窓会出席しましす。
       月日の経過が、より早く感じるようになり、無理が出来ない
       体になりましたが、長崎南高校4回生の皆さんにお会い
       できるのはこの上ない幸せです。

梅田先生   同窓会出席しましす。
       歳をとってしまいましたが、特に病気で休むことも無く
       元気に暮らしております。皆様方にお会い出来る日を
       楽しみにしております。

中村先生   同窓会出席しましす。
       長崎南高校4回生の皆さん、久し振りにお会い出来ること
       を楽しみにしています。お世話になります。

廣瀬先生   同窓会出席しましす。
       4回生の皆さんと出合った頃、私は34歳、その年にオリン
       ピックがありました。その皆さんが還暦を経てそれぞれの
       人生の刻をきざんでおられるのは本当に嬉しいことです。
       私は間もなく81歳になりますが、皆さんに会って元気を
       もらいたいと思っています。

山下先生   同窓会出席しましす。

原宮之先生  同窓会出席しましす。
       今年は年男です。元気に「こころ医療福祉専門学校」に
       勤務しています。
       長崎南50周年感無量です。永久に栄えん母校南!

平吉先生   同窓会出席しましす。
       「往時茫茫」そんな年齢になりました。
       長崎南高へは、4回生の入学の昭和39年、皆さんが
       卒業した後も留年を続け、昭和の年号とともに、
       南高を退職しました。途中、野母崎高校3年、中国
       上海の大学に2年、その5年を引けば、約20年
       長崎南高勤務となります。という訳で4回生との思
       い出には格別の思い入れがあります。
       その頃の誰・彼に会える日を楽しみにしています。

友永仁先生  同窓会出席しましす。
       前回の還暦同窓会だったか、久し振りの会話で子供の
       ことも出たが今回は孫の話も多く聞かれそうでたのしみです。
       毎日、大村公園裏の大村樹林を歩いていますが、大樹老幹は
       何か?語ってるようです。再開を楽しみにしています。

水田美智子先生 同窓会出席しましす。
       同窓会の案内有り難うございます。とてもうれしいです。
       でもお会いした時「誰が誰かわかるかしら?」と心配です。
       退職して10年になります。年1~2回海外旅行、週2回花畑
       作業と太極拳、月~金孫3人の朝御飯つくりをして楽しん
       でいます。皆さんに会うのが楽しみです。

中田秀夫先生 残念ですが今回は欠席します。
       ご盛会と皆様のご発展をお祈りいたしております。
       こちら、平凡ながら達者で日々を過ごしています。

辻本義典先生 残念ですが今回は欠席します。
       昨年、一つの節目の75歳になりました。数か所の病院に
       通院していますが、日常は普通の生活を送っています。
       年に一度位、ライフワークとしている全国の岬めぐりと
       鉄道の乗りつぶしの旅を細々と続けています。昨年は
       坂本龍馬ブームにあやかって、高知県を訪ね、桂浜、
       安芸市の岩崎弥太郎生家、室戸岬など行きました。
       元気です。

井元保一先生 残念ですが今回は欠席します。
       坐骨神経痛で歩行難、たまの通院、外出もやっとという
有様です。
       4回生諸兄姉のご健康と会の盛大なることを祈念して
おります。
       近況はのんびり閑潰し、TVのスポーツ観戦(頑張れホークス)
       クイズ番組「笑天」漢字のパズル(雑誌「ナンパラ」愛読、
       同士の士いませんか?)「数独」etc、
       天気の好い日の数百メートルの散歩

     

       




  
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。